本当は女性の方が強い

男性と女性がいたら、体格でも腕力でも男性の方が勝っています。
そのため男性の方が強いから男性は女性を守るものだ、そんなふうに思っている人も多いかもしれません。
確かに体力的には男性の方が強いと言えます。
ですが精神的にはどうでしょうか?
例えば出産の痛みに女性は耐える事が出来ます。
ですが、男性は出産の痛みには耐えられないと言われています。
痛みに対して強いのは女性の方だと言えるでしょう。
また女性の方が、肝が据わっている人が多いのも事実です。
そのため、精神的に強いのは、実は女性の方なのかもしれません。
なので、逆援助交際で、女性と男性の立場が逆転した事も、実は自然な事なのかもしれません。
逆援助交際はまだまだ数自体は少ないですが、年々増加傾向にあり、5年後10年後には、もしかすると援助交際よりも多く行われるようになっているかもしれません。
男性は外で頑張る事に疲れてしまいうちに閉じこもりたいと思っていて、女性はどんどん外に出て活躍していく。
狩猟や農業で生計を立てていた時代は、求められたのは体力でした。
しかし、パソコンを使って作業をする時代に、仕事で求められるのは、体力ではなく、精神的な強さだといえるでしょう。

童貞は捨てるものではなく、買ってもらうもの?

30歳まで童貞のままだったら、妖精になるなんて都市伝説が生まれるぐらい、男性にとって童貞とはコンプレックスのタネなのです。
そのため早く捨ててしまいたいと思っている人は多いでしょう。
ある程度の年齢になって、童貞のままで彼女が一向に出来る気配がない場合は、ソープランドで童貞を捨てるという人もいます。
ですが、童貞である事に価値があると知っていますか?
童貞をお金を払って捨ててしまうなんて非常に勿体ない話です。
世の中の女性の多くは、童貞だと引いてしまいます。
なぜならセックスが下手で、すごく痛い思いをするのではないか?という不安と、童貞=モテないというイメージが強いからです。
ですが、ごく一部の女性によっては、童貞である事は非常に価値がある事なのです。
童貞は捨てるのではなく、高く買ってもらうものです。
そして、童貞を売る場所は逆援助サイトです。
逆援助サイトでは、セックステクニックのある男性を求める女性、イケメンを求める女性も確かにいます。
ですが、童貞男性のレア観や、誰ともセックスをした事がない、自分が初めての相手になれるという事に価値を見出す女性がいます。
そしてそんな女性はお金持ちで、セックス経験も豊富なので、全て身を任せてしまえばいいのです。
童貞で早く童貞を捨てたいと焦っている男性にこそ、童貞は価値があるから、逆援助交際で買ってもらうべきだと声を大にして言いたいと思います。