スマホ出会い系アプリで逆援交人妻とセックスできるって本当です

セフレと逆援助交際の違い

セフレも逆援助交際も、相手の女性とセックスをするという点では同じです。
しかし、大きく異なる点が2つあります。
まず1つ目は、なんと言っても、報酬金額が発生するという点です。
男性からすれば、女性とセックスをするという行為は、お金を支払う立場になる事が多いのです。
セフレならタダでセックスをする事が出来、男性にとっては理想的な関係なのです。
ですが、逆援助交際の場合は、なんとセックスをするだけでお金をもらう事が出来るのです。
まさに夢のような関係だと言えるでしょう。
そして2つ目は、対等な関係ではないという点です。
セフレの場合は抱く、抱かれる関係で、ホテル代は基本的に男性が支払う事になりますが、対等な関係です。
対して逆援助交際の場合は、お金を支払う女性の方が上の立場の関係となります。
なので、セックスのやり方も変わってきます。
セフレの場合はお互いが楽しめるセックスですが、逆援助交際の場合は、女性が満足するセックスなのです。
そのため、女性がどんなセックスを望んでいるのか把握し、女性の望みを叶える必要があります。
ですが、必ずにも奉仕型のセックスになるのか?というとそうではなく、恋人同士のようにセックスをしたい、そんなふうに望む女性も少なくありません。

セレブ女性が逆援助交際をする理由

セレブ女性と言えば、社会的地位があり、経済力があり、成功している人の事です。
美容やファッションにも、お金をかけて自分磨きに余念がないため、年齢よりも若々しくゴージャスな美女といった人が少なくありません。
そのため、日常生活の中では、当然モテるはずです。
では、そんなセレブ女性がどうして、お金を支払ってセックスをする逆援助交際を行うのでしょうか?
これにはいくつか理由が考えられます。
まず、刺激を求めているケースです。
セレブ女性は高級車でも、高級バックでも宝石でも、欲しいモノはお金を支払い何でも手に入れる事が出来ます。
ですが、それが当たり前となってしまい、刺激に飢えている状態です。
そのため、非日常を求めて逆援助交際を行うという点です。
またお金を支払う事は、安全を買っているとも言えるかもしれません。
セレブ女性は刺激を求めていても、今の社会的地位を失う事は求めていません。
そのためお金を支払う事で、口止め料となり、秘密が守られるため、社会的地位を脅かされる事はないという事です。
あとは、長年女性が男性にお金で買われる立場でしたから、時代が変わったという事を証明したいのかもしれませんね。
理由が何にしろ、男性としてはセックスをしただけでお金をもらう事が出来る時代になったわけですから、嬉しい限りです。

女性の社会進出で何が変わったか?

バブル崩壊後の日本社会では、女性の社会進出が一気に進みました。
男女雇用機会均等法により、女性だからという理由で雇用を拒否してはいけません。
そして女性に能力があれば、給与の高い仕事に就き、役職につく事も出来るようになりました。
そのため女性は社会進出によって、社会的地位や経済力を手に入れる事が出来るようになりました。
ただし、全ての女性がではありません。
確かに雇用機会均等法は施行されました。
ですが多くの企業は、男性優位の企業体質が根強く残っています。
そのため女性は男性と同じ能力であれば、男性の方が先に昇給していきます。
女性は男性よりも努力し、男性よりも能力が上だと判断されて初めて周囲から認められるのです。
また女性がキャリアを積むためには、結婚や出産が妨げになってしまいます。
出産と育児のために、2〜3年仕事を休職していると、男性社員との間に大きく差を付けられてしまうからです。
また復職しても子供を預ける場所がなかったり、子どもの体調不良や行事で休む事が増え、以前と同じようには働く事が出来ません。
そのためキャリアを捨てて、家庭を優先するか、仕事を優先するために、結婚自体を諦めるか、女性の社会進出はまだ女性にシビアだと言えるでしょう。
そして仕事を優先し、結婚を諦め経済力を手に入れた女性が、逆援助交際で男性を買う、逆援助交際が行われるようになったのです。

時間がない女性が逆援助交際をする理由

例えばキャリア女性の多くは、仕事が忙しく、なかなかプライベートな時間を確保出来ません。
そのため恋人を作る余裕もなく、独身のケースも珍しくありません。
そもそも現在の日本の社会では、結婚や出産をすれば、キャリアから脱落をし、キャリアを積むためには、結婚を諦める道しか残されていないように感じます。
独身でも、恋人はいるのか?と言えば、恋人と付き合う時間がないのが現状です。
恋人を作ってしまうと、小まめに連絡をしたり、デートをする必要があります。
残業でキャンセル、休日出勤でドタキャンなんて事を繰り返していたら、恋人にフラれるのも当たり前です。
ですが、キャリア女性だって、時々誰かに頼りたいと思う時はありますし、またセックスをしたいと思う時もあるでしょう。
そんな時、女性の場合は男性と異なり、気軽に欲求不満を解消できる場所がありません。
だからこそ、時間がない女性たちの間で、逆援助交際が注目されているのでしょう。
逆援助交際の場合は、急に時間が空いた時にだけ、相手を呼び出してセックスをする事が可能です。
対等な関係ではないため、その事に対して不満を言われる事もなく、また女性が望むセックスをしてくれます。
お金はかかりますが、これって時間がなくて忙しい女性にしてみれば、非常に都合のいい付き合い方だと言えるでしょう。

逆援助交際に愛はない

セフレに恋愛感情がないのと同じで、逆援助交際にも愛はありません。
ですが、中には勘違いをしている人も存在するようです。
例えば男性の場合は、愛人を志願する人が少なくありません。
確かに、1回限りの相手で終わってしまうよりも、長期的な関係を築いた方が収入は安定します。
ですが、癒しを求めて疑似恋愛を求める逆援助女性がいたとしても、それは愛ではありません。
男性が女性を愛人として囲う場合は、不倫関係かもしれませんし、お手当として金銭的なやり取りも発生しますが、そこには愛があるケースも少なくありません。また愛人を作るという事のステータスもあるでしょう。
ですが、逆援助交際の場合は、愛人を求めている訳ではありませんし、また逆援助交際がステータスになる事もありません。
逆援助交際で求められているのは、セックスだと理解しておかないと、間違った方向に進んでしまいます。
女性は好きな相手としかセックスをしない、女性はセックスを何度もする事でその相手に情が生まれてしまう。
そんな事はもう、過去の幻想だと言えるでしょう。
女性だって性欲があり、単純に欲求不満を解消したいとお金でセックスを買う事がある。
男性の場合は風俗店を利用する事が出来るけれど、女性版の風俗店のお店はない。
だから逆援助交際を利用している。それぐらいドライに物事を考えた方が、上手く関係性を築けるはずです。

逆援助交際の流れについて

逆援助交際をしたいと思った時に、どんな手順で何をすればいいのか簡単に紹介します。
まず逆援助交際をする上での心構えをする事が大切です。
男性は無意識のうちに女性より上の立場にいる事に慣れています。
しかしながら、逆援助交際では、上から目線は絶対にいけません。
お金を支払う女性の立場が上で、男の矜持といった変なプライドは全て捨ててから、逆援助交際を行いましょう。
そして次に報酬金額を決めておきましょう。
もちろん報酬金額は相手の懐事情にもよるのですが、どんなターゲット層を狙うかによっても報酬金額は大きく変わってきます。
例えばあなたが熟女はあまり得意ではないので、逆援助女性の中で少しでも若い女性を探そうとしているとします。
もちろん風俗嬢やOLなど、20代や30代の若い女性も逆援助サイトには存在します。
ですが、若ければ若いほど、経済力はあまりないので、報酬金額は期待できません。
逆に、50代で社会的に成功をおさめたマダムなどは、かなりの経済力なので、報酬金額も期待できるでしょう。
そのためターゲット層に合わせた逆援助サイトを選び、相手にアプローチメールを送り、メールのやり取りを行います。
基本的な流れは出会い系サイトと何も変わりません。
ですが、あくまでも逆援助交際は、女性=お客様で、お客様に自分を選んでもらい、報酬金額を支払ってもらう立場だという事を忘れないようにして下さい。

逆援助交際の相手はどこで探すべき?

逆援助交際をしたいと思っても、相手がいなければする事が出来ません。
そして日常生活の中で、自然と相手が見つかるというものではありません。
ではどうやって相手を探せばいいのでしょうか?
出会いを求めている場合は、出会い系サイトと思うかもしれません。
ですが、一般の出会い系サイトでは、逆援助交際の相手を探すのは難しいでしょう。
なぜかというと、逆援助交際をしたいと思っている女性は本当に数が少ないからです。
そもそも女性はセックスがしたいだけなら、セフレを簡単に作る事が出来るので、お金を払ってセックスをするという考えがありません。
そのため逆援助交際に全く興味がない女性に対して、セックスをするからお金を頂戴なんて誘って上手くいくわけがないのです。
なので逆援助交際の相手を探すのは、逆援助交際をしたいという人が集まる逆援助サイト以外にありえません。
そして逆援助サイトでも、競争率が高く、なかなか相手を探し出せない現状です。
そのため逆援助交際をしたいと思っても、相手探しという大きなハードルを越えなければいけない事を理解しておきましょう。

逆援助交際は、バブル崩壊により誕生した

丁度バブルの時代は、援助交際の全盛期と一致します。
なぜかというと、男性はバブルでお金をたくさん稼ぎ、また精力的に活動しセックスに対しても積極的で、お金があるので好きなだけ援助交際をして若い女性とセックスをしていたのです。
男性にとっては夢のような時代だったと言えるでしょう。
しかしバブルは崩壊してしまいます。
バブルが崩壊し、男性は経済力を一気に失ってしまいます。
そして弱気で非活動的になってしまった男性に変わって頭角を現してきたのは女性たちです。
それまで女性は、結婚をしたら寿退社で仕事を辞めて専業主婦になるのが一般的でした。
ですが、経済力を失い、男性1人の稼ぎにでは家計に不安があると、結婚した後も働く女性が増えてきたのです。
女性がどんどん社会進出する事で、何が変わったのかというと、女性の立場です。
女性の中にもキャリアと呼ばれる女性が出現し、男性よりも社会的地位が高い女性、稼ぎがいい女性が誕生します。
そしてそんなキャリア女性の中から、逆援助交際を行う女性が現れたのです。
ちょうど男性のバブルの頃と同じような現象です。
さらに女性の場合は、今まで欲求不満を解消したいと思っても男性でいう風俗のようなお店が存在しませんでした。
背景的にも、ネットが普及し、匿名性が守られた上で相手を探せるようになった事も、逆援助交際をひと押しした要因だと言えるでしょう。